2019年07月28日

綾1ベースキャンプ! その2

夏季キャンプ2日目。
雨雲はどこかへ行ったようですが、代わりにムシムシとした暑さが込み上げてくる陽気です。


今日も朝からYデンコーチが来てくれました!
暑さのせいか朝から元気がないので保護者も巻き込みアクションソングを歌います。
体を使って楽しく元気になったところで手旗信号(原画記号)と追跡サインの訓練です。


皆それぞれ覚えたころ… 
大変です!食料が動物に盗まれた様です。
取り返すために、先にリーダーが追いかけたのを手伝いにスカウトも蟹ヶ谷公園へ到着。


DC550851-3626-4E02-8717-BEC2E3800796.jpeg
丘の上から手旗信号でデンコーチからメッセージが届きます。
メッセージに従って進むと、逃げた動物がそこに!ロープを使って動物を捕まえます。各組何匹つかまえられたかな?


捕まえたと思ったら、あれ?向こうに足跡があります。まだ逃がした棒物がいるようです。
リーダーが先に行っているのでスカウトだけにわかるサインがあるはず…まだまだ追いかけます。
進むと追跡記号があり、目的地の木道まで進むことができました。


12D17E04-1612-4098-AB87-EE076EBDE0CD.jpeg
ここで最後の捕り物、歩測して捕まえよ!
無事捕まえることができて、今日の昼食、おにぎりを取り返すことができました!


昼過ぎからは、夕食の準備です。
1日目は保護者の支援で夕食を頂きましたが、2日目は自分たちで用意します。


テーマは「ジャングルの食事」。
最小限の道具でカレーを作ります。
つまり防災食、ということですね。
最小限の道具で、洗い物を出さないような作り方を学びます。


CC306F1E-4DBD-4B72-9038-7B1BB7169B37.jpeg
カレーに入れる具材を、使い捨てできる牛乳パックをまな板がわりにしてカットしていきます。


AE35F1DB-6D72-4C7B-839C-32B873770B54.jpeg
それぞれ1人分ずつ、具材をビニール袋に入れていきます。カレーのルーも入れます。
空気がなるべく入らないように、ビニールの口を閉めたら…
沸騰したお鍋の中に入れます。
(同様にご飯も、ビニールに入れ適当な水加減をして口を縛ります。そして同じお鍋にin!)
煮えてきたら完成です!


F2801683-35F4-421C-B184-5A3DB550A616.jpeg
お米も具材も、ちょっと硬いところが残る組もあったようですが。
ジャングルの食事ですからそんなものです!
そもそも災害が起きた時にはそんなことを言ってもいられないので、今日の経験をもしもの時に思い出して欲しいですね。


B72B77AC-6434-4542-8A1B-445670FCEF44.jpeg
712708B3-CE79-43E0-9078-D2CA1CDABBF3.jpeg
夜はいよいよナイトプログラム。
キャンプファイヤーです。
前々回の活動から準備してきた各組のスタンツは、それぞれが全く違ったストーリーで、
課題となっていた擬音も劇中で駆使されていて、
準備の成果が十分出てましたね。


最後はリーダーや保護者も混じってゲームをしたり、夏のいい思い出になりました。








posted by カブ隊長 at 19:00| Comment(0) | 活動報告

2019年07月27日

綾1ベースキャンプ! その1

7月27日〜29日、待ちに待ったカブ隊夏季キャンプが実施されました。


夏季キャンプではデンコーチが指導に来てくれました。
初日は4人のデンコーチが初参加!
頼もしくそして立派に技能を発揮してくれました!


C7AB6191-2F96-4395-AE3B-60C088FD3C4D.jpeg
最初のプログラムは小刀を使い、団本部の竹を使って武器の製作。
副長からしっかりと小刀の使い方について説明がありました。
小刀を初めて使ううさぎスカウトも多く、みんな真剣に聞いていました。


13655877-BCA4-4DEA-9D63-486D3AF7AF69.jpeg
いよいよ実践です。
竹でお箸を作ります。
作ったお箸で夕飯を食べる予定なので、完成しないと大変です!


FEC3407A-6225-4FF4-AF76-2413456C279B.jpeg
小刀を持った方の手を動かすのではなく、
小刀を持った手は固定させて、竹の方を動かすと、怪我なく安全に削れるのだそうです。
最初は、竹も硬いし小刀で削るのはおっかなびっくりでしたが、
徐々にコツを掴み、なんとか全員一人一膳の箸を作り終えました。


次に、前回の活動でシミュレーションしていた、基地作りです。


CF34AD80-DF99-43CC-AD4F-A91F66B53256.jpeg
各組に竹5本と麻紐、ブルーシートが2枚渡されました。
限られた材料の中でみんなで知恵を出し合って、思い思いの基地を作りました。


2CA23BE9-7F14-4753-8297-8BF4D4D8F2AE.jpeg
難しいところはデンコーチが。
デンコーチ、なんでもできてカッコよかったね。
形や機能、色々な基地が出来上がりました。


79C5B8FE-6361-45C6-9AF0-C88DECD2BA2C.jpeg
夕方にはランタン作りもしました。
基地で灯したら、きっと綺麗だよね。


3BCE1A35-7239-49BC-BCC9-A66F6E2CCCBC.jpeg
そして夕食です。
そう!午前中に作った自分の箸で。夕食を頂きます!
ふわっと竹の香りがして、みんなそれぞれ形の違う素敵な箸。
特別な気分で食べられましたね。


本当はここから、ナイトプログラムや就寝準備に入る予定でしたが…
台風が今晩、神奈川県にも最接近するという予報が出てしまっていたので、
安全を最優先して、今日は一時解散することになりました。
各自帰宅して、翌日は9時からプログラム再開です。

posted by カブ隊長 at 22:54| Comment(0) | 活動報告

2019年07月14日

綾1ベースキャンプ準備

前回に引き続き、今月末に予定されている夏のキャンプの準備のための活動を行いました。


午前中は隊集会です。
基地の作り方について考えました。
キャンプでは、各組ごとに基地を作るプログラムがあります。
本番は、この前保護者が伐採しておいた竹材などを使って基地を作るのですが、今日は小さな竹ひごを使ってシミュレーションです。
(竹の伐採にご協力いただいた皆様、お疲れ様でした!)


C54D32A1-4384-421F-918B-2A64C4082326.jpeg
まずは隊長が基地の作りについて基本的なことを話しました。
すでにスカウト達は、自分たちの基地はどんな風にしようかと思い巡らせながら聞き入っています。


028A08BC-A01D-4117-866D-28B8C8513A00.jpeg
次に隊長から聞いた話を元に、竹ひごで基地の骨格を作ってみます。
実際に竹ひごを麻紐で結んだりして立体的にするのには苦戦していましたね。


後半は組集会へ移りました。
キャンプでのお楽しみの1つ、キャンプファイヤーでのスタンツ発表に向けての準備です。


各組オリジナルのシナリオでスタンツを考えます。
今年のテーマは、ディズニーの映画でもお馴染みの「ジャングルブック」。
森の中を冒険する物語の世界観と、動物の登場人物をモチーフに創作します。
※ボーイスカウト運動の創始者ベーデン・パウエルはカブ隊の構想時に、リチャードキプリングの原作の「ジャングルブック」を参考にしたとされています!


C1338FF7-6E78-4BF8-BBEF-0362E5BC112F.jpeg
シナリオを読み合わせたり…


9D0BBBEA-0675-410C-B889-3D9B36191172.jpeg
スタンツに必要な小道具を作ったり。
もちろん全て、スカウトが率先して考えて製作します。


前回の宿題では「スタンツ中に用いる擬音装置を考えてくるように…」なんていうお題も出ていましたね。


キャンプでは、スカウトの創造性溢れる楽しいスタンツが期待できそうですね。
(保護者の皆様、2日目の夜ですよ!!)


posted by カブ隊長 at 18:46| Comment(0) | 活動報告